わーい

推しの大好きなものを差し入れしたら思いがけずSNSにあげてくれた。嬉しそうなお顔!幸せだ。この差し入れが私個人からだってこと同担は誰1人知らなくて、知ってるのは私と推しと関係者数人だけなのも幸せ。こんな風にSNSに載せてくれるのは私が自己顕示欲丸出しにコメントしたりしないって信頼してくれてるのかも?と思うとそれも幸せ。差し入れをする理由を、チケット代以上のお金を使うことの意味を、ふと考えてしまうこともあるけれど、こういうことがあるとどうでもよくなる。推しが喜んでくださってそれを伝えてくださることを素直に喜んでいたい。