底なし沼

差し入れに協力してくれた人から報告があって、私の差し入れのこと、俺だけがわかってればいいでしょって言ったらしくて、格好良いいいいいいい!!!!って惚れ直してしまった。他の人は差し入れをみんなから羨ましがられるのが優越感って言ったりするのに、私の推しはそういう気持ちがないんだなーって。人気者過ぎて差し入れもらうことに慣れ過ぎてるからありがたみが薄いのかもしれないけど、あーなんて格好良いんだろう。ということはあのSNSはみんなが知らないから載せられたんだし、確信犯だな。黙ってれば載せられるもの。そして私に受け取ったことが伝わる手段はこれしかないもの。うううなんて優しい、律儀な人なんだろう。推しのこと、苦手だなって思ってたのに、知れば知るほど好きになる。好きが止まらない。どこまで好きになればいいの。