経験値が上がったこと

舞台の上の推しは観客席をよく見ています。暇があればファンサしている感じ。それが推しの仕事だってわかってるし、私もしてもらえたらとっても嬉しいけど、やっぱり他のファンにファンサしてるのを見ると胸が痛む。でも、なかなか目をじーっと見てファンサを貰えるのを待ったりができなくて、推しの目線がこっちに来そうになったら目線を外して見ないようにしてました。でもそんなの逃げだよなーと思って、先週の公演ではじーっとひたすら推しを見ていたんだけどめっちゃ前の席にいたのにスルーされました。辛かった!わからないはずがないもの。どうして?って悲しかった。悲しかったしだんだん腹が立ってきた。でも、美しい推しを見ていたら腹ただしさは消えて、もう見られるだけで出会えただけで幸せだから何にもいらないわと思えてたけど、もやもやした気持ちのまま帰路に着きました。未だに引きずってる。今週末も会えるけど、じーっと見ようか悩み中。席が推しの立ち位置真正面だから、見ないのも変だし。お友達に話したら、認知されてるが故の悩みねって言われて、我に返って笑っちゃった。随分と傲慢になってしまったんだなー。1年前の私が知ったらなんて図々しいの!って驚くだろうな。