切なさが痛い

推しと会えるイベント中。推しが私の友達(Aさんという推しがいるめっちゃ一途)と話した時に、「Aさんはいいですよねこういう俺だけのファンって人(友達のこと)がいて。俺も俺だけのファンがほしいですもん」って言ったらしくて衝撃を受けてしまった。私はまだ推しに俺だけのファンって思ってもらえてないんだなーって。うそ、私は?ってすごく悲しかった。あと、そんなこと思ってるんだなーってびっくりした。推しってファンとかどうでもよいタイプだと思っていたから。私はどうしたらいいんだろ?とりあえず明日はずっと推しを見つめていようと思った。いつか伝わりますように。