嫌いじゃない

11月中旬のチーム替えで、推しがおそらく12月末まで東京に行ったっきりだと発覚しましてあわててスケジュールを組み仕事を休んで先日東京へ行ってきました。まさか東京へ行くことになるなんて夢にも思っていなくていろんな面で葛藤しましたが結果行って本当によかった。推しのことゆっくり考える時間になったし、ますます推しのこと好きになった。推しはわかりやすく優しくはしてくれないけど、ああ今こっち観てるなーってわかる瞬間があって(気のせいかもしれないけど推しがこっち見てる時ってわかってしまう。あ、今推しの方向いたら目が合うなって思うけど、あえて推しの方は見ない)。ちゃんと来てることわかっててくださってるなーって思えるので3年前のまだ認知前の冬を思い出して幸せだなと思う。でも認知前って公演に集中できたし(今は目があったらどうしよう合わなかったらどうしようって辛い時がある)それはそれで幸せだったな。今きっとお互いにすごく丁度良い距離感なんだろうと思う。私の方は本当はもっと近づきたいなとも思うけど、近付いたらきっと理解りあえない関係だろうし傷ついてしまうことをきっと本能的にわかっていて。そうやって理性をもって保とうと思える関係性の相手がいるなんて幸せ過ぎて泣けてくる。最終日、先に荷物を預けに空港へ向かい、展望カフェで飛行機を見ながら推しにお手紙を書いてる時間がたまらなく幸せでした。ずっと忘れない。推しからもらったギフトだと思ってる。